8020運動ってご存知ですか?

うえまち8020運動ってご存知ですか。
ぜひ皆様にも目指していただきたいこの8020運動について、以前、天王寺区の地域情報誌「うえまち」さんに記事を掲載していただきましたので、ご紹介したいと思います。

    80歳で歯20本目指して

    「食物をよくかみ、味わい、おいしく食べること」「人と豊かに話すこと」など、口・歯の働きは生活の豊かさや楽しさに深く結び付いており、それはあらゆる年齢において、むしろ年齢が高くなればなるほどその価値は増大します。
     「8020(80歳で20本以上の歯を保つ)運動」は、歯を失う2大原因の虫歯と歯周病を予防し、早期治療を進めることを啓発する運動として、全国的に展開されています。この運動により、各ライフステージの生活の質(QOL=Quality of Life)の向上が期待されます。
     例えば、虫歯の治療をして予防的処置を受けた人は、その10年後に約1本の歯を喪失します。虫歯の治療のみを受けた人は、その10年後には約2本の歯を喪失します。歯医者に行かず何の処置もしなかった人は、約4本の歯を喪失します。
     この積み重ねが大きな差となって、80歳を迎えた時に入れ歯か、自前の歯が20本残っているかに表れるのです。
     早期発見、早期治療、早期予防を心掛け、日々セルフケア(自己管理)に努めましょう。

     いで歯科医院
    院長 井手成信

いかがでしたか?
歯はかけがえのないものです。ついつい後回しにしてしまっているなぁ・・・と思われたら、ちょっと歯と向き合う時間をつくってみませんか?

コメントは受け付けていません。