‘番外編’ カテゴリーのアーカイブ

文部科学大臣表彰 受賞しました

2017年12月10日 日曜日
受賞式写真

受賞式写真

2017年11月 学校保健及び学校安全表彰として、文部科学大臣表彰を頂きました。

授賞式は三重にて行われました。

 

女性のための歯周病講座を読んで

2010年5月15日 土曜日


「女性のための歯周病講座」(深田邦雄著)を読んで
患者さまより感想文をいただきました。

いつもとっても勉強熱心な患者さまで、こちらも頭が下がります…

女性のための歯周病講座を読んで

興味深く一気に読みました。骨の再生、勇気づけれらます。ただ、五十、六十才代の症例の無いのが残念です。
「女性と歯周病」の章、それは歯周病ならずとも、日々を生きるうえでの心構えと相通じるのではないかと思います。
私が一番心惹かれたのは、本の見返しに書かれた著者自筆の言葉です。
  山川草木薫皆成仏
歯を体の一部と認識はしていても、尊い命であることにまで思い及んでいませんでした。
 私の音楽や絵本活動のテーマは「いのち」です。保護者、保護者向け講座「絵本で子育て」のサブタイトルは「いのちを育む」としています。
「いのちのおはなし」の著者日野原先生は、命とはドキドキと打つ心臓のことでも寿命でもない、それはその人の持っている時間のことなのだ、その時間を自分の為だけでなく、人の為にどれだけ使えるかが自分の命をも充実させるのだとおっしゃっていますし、その自分の時間のすべてを、後生の私たちの為に捧げてくれた若者達の話「すみれ島」。「スーホの白い馬」では、生あるものはいつか死を迎えます。けれどその思い出は心の中で生き続け、生きる勇気を与えてくれるのです。「ちびゴリラのちびちび」では、子どもは多くの人に愛されれば愛されるほど豊かに育つのだと。「スーホの白い馬」や「すみれ島」は、時には馬頭琴やバイオリンとコラボしながら、子ども達から大人まで語り続けています。
 そして、気づいたのです。ついこの間まで日本には、抜けた乳歯を「ネズミのような強い歯が生えますように。」と唱えながら、下の歯は屋根に、上の歯は縁の下に投げる風習がありました。
(東洋の仏教国には同じ風習がありますし、西洋では夜、ネズミや妖精がお金やプレゼントに替えてくれるそうです。)
これは、役目を果たして命を終えた乳歯への感謝の儀式ではないのか、乳歯を自然に返す儀式ではと思うのです。
私の歯も六十年近く働き、その命を終えたのですから、持ち替えて土に返さなければならなかったのかも・・・
「一病息災」、昨年の一月、頸椎症で両手足がしびれ、包丁もお箸も持てず、字も書けない、信号を渡りきれない、こんな状態が一生続いたらと思うと不安と恐怖で眠れませんでした。
今、要観察ではありますが、日常生活がつつがなく遅れるのがありがたく、セッションで多くの人々とふれあえる、こんな幸せはありません。
また、歯周病(あまり嬉しくはないのですが)を通じて、いろいろ考え、知る機会を得ました。
 私の免疫力アップの源は、未熟な私を支え、応援して下さる多くの方々の笑顔です。子ども達、子育て中の若いお父さんお母さん、ボランティア、高齢者の皆さん、本当に感謝です。
 そして、これから迎えるであろう人生のたそがれ時、老醜のシワではなく、豊かなシワを刻むことができたらと思います。

歯科医業人ではなく、歯科医療人の先生に巡り合えた事に感謝です。
その橋渡しをして下さった奥様に感謝です。

天王寺区よりご来院の女性 Kさま 60代

ITI ワールドシンポジウム 番外編!

2010年4月29日 木曜日

今回のインプラントの国際学会では、学会以外のところで色んな事件が起こりました。

まずはこの方→

ジュネーブへは、パリ経由で行きました。
経由のついでにパリにせっかく立ち寄ったので、ラインダンスで有名なリドの劇場へ!
シャンゼリゼ通りの、ルイヴィトンのお店の向かい側にある老舗です。
もちろんそのショーもすごかったのですが、私たちの隣に座ってたブラジル人の2人の女性がやたらと話しかけてきました!

(以下は実際はいい加減な英語による会話です)
「あの人知ってる?わたしたちの国の、世界的な超有名人よ!」
「へ~! 有名って、シンガーですか?」
「ノー!ノー! 超!フェイマスなフットボールプレイヤーよ!
 わたしたち、ほ~ら、サインをもらってきたんだから!」

と、いうのでカメラを片手にその「超有名人」に近づき、
「一緒に写真をとってください」

快く撮っていただきました。しかし、1枚撮ったところで、ガードマンや劇場の支配人が飛んで来て・・・我々のあとで集まっていった人たちは撮影を断られていました。
ちょうど、斜め前という近くの席に座っていたので、止められる前に普通に近づいてしまえたみたいでした。

さて、サッカーにあまり詳しくなかったので、帰国してから本当に、となりのブラジル人のご婦人方が自慢していただけあるくらい、息子たちにうらやましがられました。。。
そうです、ロ ナ ウ ジ ー ニ ョ 選手です!

事件はまだまだあります。
実は学会終了後の夕方、宿泊していたインターコンチネンタルホテルの近くに国連本部があるというので、見に行こうと、トラムに乗った、その直後!

院長!スリにあいました( ̄□ ̄;)!!!
しかも、その前の日に「旅行の記念に~♪」と、パリで買った新品のお財布ごと!

お金はないわ、カードをとめるのに国際電話はかけまくるわ、もちろん迷って選んで買ったばっかりのお財布はないわ、警察はほとんど英語が通じないわ・・
大ショック・・・です。
パスポートは無事でよかったというしかありません。がっくし!

山あれば谷あり、谷あればまた山あり。
最終日、帰りの飛行機がキャンセルになり、急遽パリ経由ではなくローマ経由で帰国することに。
朝一番にローマへ飛ぶ飛行機に乗りました。
日本で、西区歯科医師会60周年事業があり、副幹事長をしていたので、どうしてもそちらに出席するために学会の最終日までいることが出来ず、1日早く帰ったのでした。
そのときはせっかくはるばるジュネーブまで来たのに最後まで出席できなくて残念やなぁと思っていました。

しかし!それがその日の朝ジュネーブ空港で飛んだ最後の飛行機に・・・・
その後帰国予定だった方は、少なくとも2~3日、滞在を余儀なくされたそうです。

そんなオオゴトになっていると知ったのは、帰国後でしたがアイスランドのあの大噴火騒ぎです。
超ラッキーといえば、ラッキーでした。

いろいろありましたが、学会の番外編ということで・・・

シンポジウム・パーティ

2010年4月20日 火曜日

 ストローマン社主催のシンポジウム ジャパンナイト ディナーパーティーに出席しました。
日本から参加した先生方が大勢おられました。







会場はグランドホテル ケンピンスキーで、レマン湖畔の立派なホテルでした!

ITI ワールドシンポジウム2010

2010年4月20日 火曜日

会場はジュネーブ国際空港に隣接のPALEXPOです。

← 会場前での一枚。

http://www.iti.org/worldsymposium2010/

ITI World Symposium 2010

2010年4月19日 月曜日


4月15~17日にスイス・ジュネーブで開催されたインプラント国際学会に参加しました。
参加者は世界65カ国以上から、4000名(日本から150名)を超える大きな学会です!

清歯塾 総会と講演会

2010年4月12日 月曜日


先日の土曜日、清歯塾の総会と講演会に、スタッフ全員で参加しました。
( 写真は、懇親会で御馳走をいただいてるところです♪)
「魂を揺さぶる生涯忘れない90分~感動は人を動かす」
感動って、大切ですよね!
おもしろく、ためになる内容でした。
演者木下晴弘さん

New Face★歓迎会

2010年4月10日 土曜日

4月から、いで歯科医院に新しいスタッフが一人増えました!
なんとなく、皆の気持ちも更に引き締まります・・・

そして!
早速ですが、もちろん新人歓迎会を開催しました。
ちょうど、以前院長宅でホームステイしていたドイツの女の子が家族で来日中。
スペシャルゲストとして歓迎会にお招きして、大勢でわいわい、お食事会。

院長が20年以上お気に入りの中華料理やさん『會賓楼』です。
堺筋本町駅からすぐなので、診療所からも近い。おいしい。みんな夢中でいただきました。

ブリザーブドフラワーを

2010年3月12日 金曜日

先日、ブリザーブドフラワーの講習会に参加してきました。
春の訪れを感じる、かわいいお花ができました。
早速診療所に飾ってみました・・・

ここだけ春風が吹いている!

講習会の先生曰く
サムシング・ブルー!いいことありますように。

THE★大阪!?

2010年2月27日 土曜日

今週は暖かかったですね。
昨日のオリンピックは、残念でした~~~!!

でも、大いに失敗して負けたんじゃなくて、
あれだけのすばらしい演技での結果だったので、
良かったなぁと思いました。
ジャンプのたびに、ハッ!!!と息を止めて見守りましたね。

さて、今日はよく来て下さる患者さまに
「アンケート、書いていただけますか~?」
とお願いしましたら
「私は背中しか掻かへんよ~!」
と、返されちゃいました(*○*)~

そうおっしゃいながら持って帰って下さいましたが…笑

いで歯科医院のなごめるギャグタイムでした。